かんどーくんキャンペーン
  1. ホーム
  2. アクアラン
  3. アクアエクササイズ

アクアエクササイズ Aqua Exercise

よくわかる エクササイズ

アクアエクササイズの何がいいの? さまざまな機能改善ができるのがいいんです。

アクアエクササイズは誰にいいの? 特にエイジング世代にいいんです。

筋力(抗重力筋)の低下
「抗重力筋(姿勢維持筋)」とは、重力に逆らって姿勢を保つ役割をする筋肉のことで、火k例により衰えがちです。水中ではあらゆる方向から身体に負担がかかるので、抗重力筋を強化できます。
バランス(姿勢反射)の低下
「姿勢反射」とがbランスをとるために必要な反射で、加齢により衰えがちです。水中歩行で足裏のメカノレセプターを刺激したり、前肢の筋肉をうまく使うことで、機能低下を予防します。
関節可動域の減少
水中では、水の浮力で身体が軽くなると同時に、水に身体をサポートされているので、陸上では難しいダイナミックな動きも可能になります。これにより、関節の可動域が広がります。

アクアエクササイズはどこがいいの? マイペースで安全にできるのがいいんです。

水中では、浮力によって重力から解放されて体重が軽くなるので、関節への負担を軽減しながらエクササイズができます。例えば体重う50Kgの人がおなかのところまで水に入ると、水中体重は25Kgに。胸のところまで水に入ると水中退場右派15Kgになります。

「負荷(抵抗)」は、自分でコントロールできます。
水の中は空気中に比べて抵抗が大きく、身体をうごかしにくくなります。この”動きにくさ”が身体への負担となります。負担は自分の体力に合わせて、”水深”や”スピード”によって自由自在に変えることができます。
●”水深”でコントロール
水の浅いところでは、抵抗が少なく動きやすいものの、浮力も少ないので、関節にかかる負荷が増加します。一方、水に深く浸かると、浮力を多く受けられるので関節への負担は軽減されますが、抵抗も増えます。
●”スピード”でコントロール
水中では、速く(激しく)動くと抵抗が大きくなり、ゆっくり(軽く)動くと抵抗が小さくなります。エイジング世代なら、まずゆっくり動くのがよいでしょう。

アクアエクササイズ、注意することはあるの? 安全に気をつけ、無理をしないことが大切です。

心拍数を目安に、無理をしないようにしましょう。
●水中での目標心拍数の計算式は

●脂肪燃焼に最も効果的なのは0.6、0.7です。
●陸上よりも心拍数が下がります。
●心拍数を目安にしながら、「ややきつい」~「ややラク」と思うレベルで行いましょう。

自分の体力部合わせて、頑張りすぎず、
楽しみましょう。
●正しい姿勢を保てる強度で行いましょう。
●やりすぎに注意しましょう。
●体調が悪い時は無理しないようにしましょう。
●運動中に不調を感じたらただち中止しましょう。
●けがや疾患がある場合ば医師の診察を受けてから行いましょう。
安心してエクササイズを楽しむため、
専用サポーターを着用しましょう。
せっかくのエクササイズも、水中でのすべりや転倒を気にしていたら、思うように動けませんよね。そこでお勧めしたいのが、アクアエクササイズ専用サポーター。滑りにくいので活発に運動でき、エクササイズの楽しさと効果が倍増します。最近は5本指タイプのものが、指先に力を入れやすいと人気です。