かんどーくんキャンペーン

OKA Maker’s Spirit オカ メイカーズ スピリット

お客様からの「信頼」を胸に海南から世界へ、可能性をグローバルに広げて。 お客様からの「信頼」を胸に海南から世界へ、可能性をグローバルに広げて。

「オカ株式会社」の始まりは、海南地域の地場産業でもある棕梠(シュロ)製品が前身にあります。

古くから棕梠を用いた生活用品を中心とする工芸の町として知られ、聖地・高野山へと続く近隣の紀美野町(旧野上町)では、良質な棕梠が広範囲にわたって栽培されていました。棕梠はもともと弘法大師・空海とのつながりが深く、中国から種を持ち帰りこの地に植えたのが起源とされています。

歴史深いこの地で初代からの「物づくり」の教えを守り、誠実にお客様と向き合うオカのルーツを紐解きます。

お客様からの「信頼」を胸に海南から世界へ、可能性をグローバルに広げて。
History01

戦前・戦中・戦後の激動の時代
棕梠(シュロ)製品から始まったモノづくり

1934 – 1954

戦前・戦中・戦後の激動の時代 棕梠(シュロ)製品から始まったモノづくり

始まりは1934年、戦前の昭和9年頃になります。

初代は現在でもオカの事業所がある海南市別院で、ロープなどを中心とした棕梠の製造業を営んでいました。当時の海南エリアは棕梠産業の一大産地。海南の棕梠製品は耐久性と弾力性を併せ持ち、植物性の油脂を多く含んでいることから水にも強く、丈夫で長持ちするといわれていました。戦時中には軍事物資として統制を受けたほどです。激動の時代ではありましたが、そんな中でも近所の人たちからは「誉之助(タカノスケ)さん(初代)のロープはどえらいよく売れる」と、嬉しい言葉をかけてもらいました。今でもオカの小さな自慢の一つ。

残念ながら初代は戦中の混乱期に亡くなりましたが、その夫人が初代の技巧と思いを受け継ぎ、女手一つで家業を盛り立ててきました。

1934

棕梠ロープを生業とした家内工業を営む。

1945

初代が亡くなり夫人がその技巧と思いを受け継ぐ。
戦後、マット類およびキッチン用品を中心に製造。

History02

和歌山から京阪神、中京圏への進出
商品網を広げ販売エリアを首都圏へ

1962 – 1969

和歌山から京阪神、中京圏への進出 商品網を広げ販売エリアを首都圏へ

現相談役であり2代目の岡甫が家業を引き継いだのが1962年の昭和37年頃になります。当時は「岡甫商店」の名で営業していました。この頃の製造・販売の中心は、玄関やキッチンなどのマット類。素材は海外から輸入される麻が主流でした。

まだこの時代は2代目が一人で外回りを担当し、家内工業で製品を製造。交通網もままならない時代でしたが和歌山から京阪神へと販売エリアを拡大し、製品もバスルーム用品からインテリア小物まで広がりをみせます。

さらに実弟が加わり、さらなる販路拡大を目指して向かったのが中京圏。次に四国や九州もマーケット候補に挙がりましたが、2代目の頭にあったのはより人口の多いエリアへの進出。それが名古屋を中心とする中日本であり、東京都のある首都圏でした。

1962

2代目が家業を引き継ぎ「岡甫商店」として営業。マット類およびキッチン用品の生産を拡大し、販売エリアも和歌山から京阪神へ。

1968

バスルーム用品、インテリア小物の製造を開始し、中京圏へ販売開始。

1969

首都圏へと進出。

History03

企画から製造、販売まで一貫生産
信頼を武器に高度経済成長期に突入

1971

企画から製造、販売まで一貫生産 信頼を武器に高度経済成長期に突入

日本全体が急速な変化を遂げた高度経済成長期。1971年の昭和46年頃からキッチンやバスルーム、トイレ用品などさまざまな繊維製品の製造を手掛けるようになりました。商品の多様化に伴い製造工程を一から見直し、素材やデザイン、品質など製品の一つ一つにお客様のお声を反映させています。それは現在でも受け継がれるオカの信念。「より良いものを正直に、商品を売る前に信頼を売る」。これは小学校の頃から家業を手伝い、先代の背中を見ながら育った二代目のポリシー。誰よりも正直に一つ一つの製品を誠実に作り続けていたからこそ、周りから「初代のロープはよく売れる」との言葉をいただき、それが長く続くお客様との信頼につながっているのだと信じているからです。

1971
バスルーム用品・トイレ繊維製品の製造販売開始。

バスルーム用品・トイレ繊維製品の製造販売開始。

History04

変化する生活スタイルに合わせて
トータルコーディネートを新提案

1972 – 1982

変化する生活スタイルに合わせてトータルコーディネートを新提案

1972年の昭和47年、事業発展に伴い法人化。社名も「オカ株式会社」と改めて本社も増築し、社員も30名程と大所帯になっていきました。高度経済成長期の真っただ中で生活様式が大きく変化し、洋式の水洗トイレが当たり前になったのもこの時代。

そこで業界に先駆けて提案したのがトイレタリー用品のトータルコーディネートです。トイレもお部屋の一つとして、使い心地だけでなく居心地の良さも追求。今では見慣れたホルダーカバーの予備ロール収納も、実はオカが発案したもの。スリッパやタオル、マット等、統一感のあるファッショナブルなデザインが主婦層を中心に支持され、雑誌など多くのメディアに取り上げられました。毎日を豊かにする暮らしの雑誌「暮しの手帖」でも大々的に紹介されたことがあります。

1972

事業発展にともない法人に組織を変更。現在の「オカ株式会社」となる。

1975

3階建本社倉庫を増築。

1977
業界に先駆けて、バスルーム用品・トイレタリー用品をトータルコーディネートして提案。

業界に先駆けて、バスルーム用品・トイレタリー用品をトータルコーディネートして提案。

1979

東京営業所を開設。

1980

大阪営業所を開設。

1982
山崎工場を新築。

山崎工場を新築。

History05

ユーザーからの声に向き合い登場
革命的超ロングセラー商品「優踏生」

1984 – 1989

ユーザーからの声に向き合い登場 革命的超ロングセラー商品「優踏生」

1984年(昭和59年)に創業50周年を迎えて本社ビルを新設し、倉庫も増築しました。事業の大きな飛躍によりお客様が増えると同時に、商品に対するさまざまなお声をいただいた時期でもあります。当時は綿素材が中心で吸水性は良いが乾きが悪いなどのお声もあり、それらの問題をどのようにすれば改善できるのか、一つ一つ検証して研究・開発を続けていました。すべてのお客様のお声は貴重なご意見。ユーザーの方々にいただいたクレームほど価値あるデータはないと思っています。創業当初からこの思いは変わらず、現在まで引き継がれています。常にお客様のお声に向き合い、品質の向上に努めて一つ一つの問題を解決。それが業界初の滑らないキッチンマット「優踏生」になり、バスマットに革命を起こした超ロングヒット商品「乾度良好」へとつながっていきました。

1984

創業50周年を迎え、本社ビルを新築し倉庫を増築。

1985

オカ株式会社企画開発部門の充実を図るため、関連企業として「株式会社オカクリエイション」を設立。

1986

名古屋営業所を開設。

1987
商品センターを新築。

商品センターを新築。

1988

第2商品センターを新築。

1989

「有限会社オカ興産」を設立。

History06

さらなる声を受け高みを目指して開発
プロが認めるバスマット「乾度良好®」

1992 – 1996

さらなる声を受け高みを目指して開発 プロが認めるバスマット「乾度良好®」

リピート率No.1の製品としてオカブランドを牽引するバスマット「乾度良好」を発表したのが1992年。

こちらもお客様からの「ビショビショになる」、「乾きが悪い」、「細菌が気になる」などのお声に応えたものでした。今までの製品を糸から見直し、繊維会社を巻き込みながら、一つ一つの問題を掘り下げてバスマットを研究・開発。お客様のご要望に応えつつ、内部の人間がユーザーよりも厳しい目を持って納得するものだけを提案。

そうして完成したバスマット「乾度良好」は、四半世紀を超えるロングセラー商品として一般家庭だけでなく全国の温泉や旅館、スポーツクラブでも採用。プロが認めるバスマットとして評価をいただいています。

1992
バスマット「乾度良好」販売開始。オカ株式会社設立20周年を迎える。同時に、第3商品センターを新築。マーク・ロゴを変更。

バスマット「乾度良好」販売開始。オカ株式会社設立20周年を迎える。同時に、第3商品センターを新築。マーク・ロゴを変更。

1993
ベルギーのヴァンデヴィーレ製カーペット織機を1台購入。

ベルギーのヴァンデヴィーレ製カーペット織機を1台購入。

1994
中国上海に海外現地法人「上海岡協通家用紡織品有限公司」を設立。

中国上海に海外現地法人「上海岡協通家用紡織品有限公司」を設立。

1995

ベルギーのヴァンデヴィーレ製カーペット織機2台目購入。

1996

上海工場増設。第4商品センターを新築。

History07

安さを求めた生産性至上主義に
一石を投じる一貫生産&直営工場
ならではの取り組み

1997 – 2004

安さを求めた生産性至上主義に一石を投じる一貫生産&直営工場ならではの取り組み

2000年以降、世界的な金融危機による景気の後退がはじまり、安価な製品の輸入や大型量販店の製造小売化などさまざまな問題が立ちはだかりました。生産性至上主義の価格破壊です。オカの営業マンたちも価格と品質のはざまでギリギリの戦いを行っていました。

しかし直営工場を持つオカだからこそできることがあり、お客様からの長年の信頼とモノづくりに対する責任とプライドを持って、ピンチをチャンスに変える「お客様から選ばれるモノづくり」を貫いてきました。その思いが世界水準の織機(ヴァンデヴィーレ製カーペット織機)の導入や光触媒除菌繊維の開発など、新技術を加えたオリジナルブランドへとつながっています。

1997

ベルギーのヴァンデヴィーレ製カーペット織機3台目購入。

1998

ベルギーのヴァンデヴィーレ製カーペット織機4台目購入。

2000

上海第3工場増設。広島出張所開設。

2003

上海第4工場増設。第5商品センターを新築。

2004

上海第5工場増設。

History08

デジタル時代も変わらず誠実な
モノづくり信念を貫き
お客様から求められる商品を追求

2005 – 2009

デジタル時代も変わらず誠実なモノづくり信念を貫きお客様から求められる商品を追求

アナログからデジタルへ時代が急速に変化する中で、オカの社長も3代目・岡洋平に代変わり。新しい時代を見据えたモノづくりが始まりました。もちろん新社長も先代と同様、モノづくりに対しては常に誠実にお客様から「また買っていただけるよい商品を創ろう」というオカの信念を貫いています。新たに掘り下げたのは販売ルートの新規開拓。インターネットの普及により、より良いものを直接お客様に届けるツールの一つとしてネット販売に着目しました。2005年(平成17年)に開設した「マット&ラグファクトリー」です。ネット販売はダイレクトにお客様と結び付くことができる貴重なルート。単なる販売ツールではなく新しいオカブランドのファンづくりを進める上で、大きな足がかりを得ることになりました。

2005
「マット&ラグファクトリー」としてお客様へ直接販売開始。業務用として販売開始。中国でも販売開始。

「マット&ラグファクトリー」としてお客様へ直接販売開始。業務用として販売開始。中国でも販売開始。

2007
代表取締役に3代目・岡洋平が就任。上海工場移転。

代表取締役に3代目・岡洋平が就任。上海工場移転。

2009

大阪営業所を本社営業部へ移動。

History09

時代はモノの豊かさから心の豊かさへ
機能美を備えた自社ブランド「PLYS」

2010 – 2018

時代はモノの豊かさから心の豊かさへ 機能美を備えた自社ブランド「PLYS」

自社ブランド「PLYS(プリス)」を発表したのが2010年(平成22年)。

PLYSの構想は現社長が営業として各地を飛び回っていた時代から始まり、10年余り熟考しての販売となりました。コンセプトは「使うたびに愛着が芽生えてくる、暮らしに嬉しい生活雑貨」。今、消費者は「モノの豊かさ」から「心の豊かさ」に価値観が移り変わっています。まさに創造力が求められる時代。30代や40代のライフスタイルをシーンとして捉え、オカブランドのさらなる革新を図りました。具体的には品質と使い勝手にデザインをプラス。外部デザイナーとタッグを組みシンプルで格好よく、キッチンやバス、トイレなどシーンに合わせてどこまでも機能美を追求した究極の設計。数々のグッドデザイン賞を受賞しています。

2010
プリス事業部を発足。自社ブランド「PLYS」の発表。

プリス事業部を発足。自社ブランド「PLYS」の発表。

2011

ベルギーのヴァンデヴィーレ製カーペット織機5台目購入。
「澳嘉(上海)商貿有限公司」を設立。

2012
オカ株式会社創立40周年を迎える。同時に、マーク・ロゴを変更。

オカ株式会社創立40周年を迎える。同時に、マーク・ロゴを変更。

2013
2013年以降バスマットやディスペンサーなど、数々のグッドデザイン賞を受賞。

2013年以降バスマットやディスペンサーなど、数々のグッドデザイン賞を受賞。

2015
海南市南赤坂に新社屋を設立し本社移転。旧本社を別院事業所とする。名古屋営業所を本社営業部へ移動。

海南市南赤坂に新社屋を設立し本社移転。旧本社を別院事業所とする。名古屋営業所を本社営業部へ移動。

2018
東京自由が丘に直営店「マット&ラグファクトリー」をオープン。

東京自由が丘に直営店「マット&ラグファクトリー」をオープン。