苦手家事見直し計画「タオル交換」

洗面所の手拭きタオル、どの位の頻度で洗濯、交換していますか?

我が家は一階と二階にトイレがあります。
一階は毎晩、洗濯機をタイマー予約する際にタオルを回収して新しいタオルに交換。毎日洗濯できているのですが、二階のトイレのタオルは回収するのを忘れたり、後回しにしてまた忘れるを繰り返し・・・「「「 すご~~く面倒 」」」。

結局、これいつ洗ったっけ?という状態。

こんな事でいいのか我が家の衛生面。

洗濯ってスタートボタンをポチっと押すだけなら簡単。
でも、家中の洗い物を集めて回って、また、新しいものを交換して回る、この作業がとても億劫に感じてしまう、家事苦手オンナです。

ちょっとでも家事にかける時間というより、プレッシャーを減らしたい。

そこで二階のトイレはペーパータオルを導入してみました。
トイレ内には十分なスペースがなかったので廊下の手洗いに。

ペーパータオルとは、商業施設や飲食店のトイレなどで最近目にすることが多くなった使い捨てのタオルです。
ティッシュペーパーより厚めでキッチンペーパーやペーパーナプキンに似た肌ざわりと使い心地。

今回は100円ショップで購入しました。
家計的には110円/約1ヶ月の負担増。

エコでは無いけれど、使用頻度の低い二階のトイレだけなら良いかなと判断しました。

白くてスマートなケースはfill+fitペーパータオルケースです。

このペーパーケース、つやつやで可愛くて、水がはねても気になりません。
ケース自体にしっかりとした重さがあるのでペーパータオルが少なくなった時にケースも一緒に持ち上がってしまう、というイライラ現象が起きないのがとても気に入っています。

手拭きタオルをやめてペーパータオルを導入してみて分かったおすすめメリット

○家族でタオルを共用しないので衛生的。

○毎日のタオル交換という家事のプレッシャーからの開放。

○急な来客でもお客様に気持ちよく使っていただける。

もちろんデメリットもありました。

手拭きタオルをやめてペーパータオルにして分かったデメリット

○ペーパータオル購入の出費と手間が増える。

○使い捨ての罪悪感。

水回りの手拭きタオルをやめてペーパータオルを使ってみた感想です。
デメリットもありますが個人的にはメリットの方が大きく感じました。

お家に水回りが数箇所ある場合、頻度の低い場所をタオルからペーパータオルに変更して家事時短、オススメです!

fill+fit ペーパータオルケース

商品を見る

マット&ラグファクトリースタッフ
家事全般が不得手、時短で働く1 児のママ。
出来る限り引きこもっていたいお家大好きマン。
仕事も育児も家事も趣味も全部やりたい、試行錯誤の毎日。